【SEO】低品質な記事はサイト全体の検索順位を下げる可能性

Googleは個別の記事だけでなく、サイト全体でも評価しています。

そのため、サイトに品質が低いページ(記事)がある場合、それがサイトの一部であっても、その記事の悪い評価がサイト全体の検索順位に影響を与える可能性があります。

古いですが、Googleが公式ブログに明記されています。

ウェブサイトが質の低いコンテンツを含む場合、サイト全体のランキングに影響が及ぶ可能性があります。質の低いページを削除したり、コンテンツの内容が薄いページを有用なページに統合あるいは改善したり、質の低いページを別のドメインに移動したりすることによって、コンテンツの質が良くなり、掲載順位が上がる可能性があることを Google の他の個別のガイダンスで説明しています。

出典:質の高いサイトの作成方法についてのガイダンス  |  Google 検索セントラル ブログ

低品質なコンテンツ(記事)が検索結果の順位に悪影響を与えるということが書かれています。

この記事は2011年のものですが、現在でもGoogleの方針は基本的に変わっていません。

内容が薄いページが多少あっても問題ない

一部のページが低品質だからと言って、過敏に対応する必要はありません。

WordPressなどCMSを使っていると、記事のほかに著者ページやカテゴリーページが勝手に生成されますし、サイトの規模が大きくなれば低品質な記事の1つや2つあっても不思議ではありません。

また、時間が経過した結果、意味のない記事になる場合も多くあります。

そのような、現実的に発生しうる低品質コンテンツは、もちろん削除や改善(更新)をするのが望ましいですが、緊急の課題ではありません。

アクセスが無い=低品質とは限らない

アクセスがまるでない記事だからといって、必ずしもその記事が低品質でGoogleから低評価を受けているとは限りません。

例えば、新しく発売したiPhoneについて解説した記事は、発売直後は価値がありますが、少しづつ価値が下がっていき、1年後には誰も興味を持たなくなります。

品質云々ではなく、単に需要が無くなかった、元々需要が少ないという理由でアクセスが少ないこともあり得るのです。

また、どれだけ高品質な記事を書いても、他のサイトのクオリティや知名度が高すぎて自分の記事が敵わないという事もあり得ます。

例えば、iPhoneに関するニュースは、BloombergやReutersなど世界有数の通信社から、リーク情報を扱うマニアックで専門的なメディア、さらには個人ブロガーやYouTuberまで沢山の人が扱っています。

それだけ多くのライバルがいると、クオリティだけでなく相応の価値(速報性や詳細な解説など)が無ければ、アクセスは得られません。

逆に、あまり有名でない情報やネットとの親和性が低いジャンルだと、あまり詳細でない記事でもGoogleで上位表示される可能性があります。

なので、スパムや盗用、デマや間違いが多い記事等は論外ですが、しっかりとした記事を書いているのなら、低品質コンテンツの存在にあまり過敏に対応する櫃予0右派ありません。

まとめ

Googleで評価されるには、低品質な記事を大量に作成するより、力を入れて高品質な記事を書いた方が良いです。

1記事1記事、しっかり丁寧に仕上げましょう。

そして、記事を書いた後も放置せず、定期的にチェックして追記や更新を繰り返し、内容の充実を図りましょう。

参考:低品質コンテンツがわずかに存在していても検索では問題にならない。検索トラフィックがないことは価値がないことを意味しない – 海外SEO情報ブログ