ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、2012年から行われているGoogle検索のアルゴリズム改変です。

このアップデートでは、スパムサイトやスパムサイトからリンクを貼られているサイトの評価を下げられます。

現在では、Googleのアルゴリズムの一部となっており、「ペンギンアップデート」という名称で公に行われることは無くなっています。

言うならば、毎日常に(かつての)ペンギンアップデートが行われているという事です。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートはブラックハットSEO(検索順位を上げるためのスパム的な手法)を行なっているサイトの検索順位を下げ、ホワイトハットSEO(ユーザーと検索エンジンのことを考えた健全なSEO)を行っているサイトの検索順位を上げることを目的とした、Google検索のアルゴリズムの改善です。

Google の 品質に関するガイドライン に違反しているサイトについて、その掲載順位を下げるような対策を実施します。このアルゴリズムの変更は、ウェブスパムを削減し、良質なコンテンツを促進するための私たちの新たな試みです。

出典:良質なサイトをより高く評価するために  |  Google 検索セントラル ブログ

現在、ペンギンアップデートは常に行われている

ペンギンアップデートは、2012年4月24日に初めて実施されました。

以下が実施されたペンギンアップデートの(不完全な)リストです。

  • Penguin 1:2012年4月24日(約3.1%)
  • Penguin 2:2012年5月26日(0.1%以下)
  • Penguin 3:2012年10月5日(約0.3%)
  • Penguin 4:2013年5月22日(2.3%)
  • Penguin 5:2013年10月4日(約1%)

カッコ内の数字は、クエリ(検索結果)の何%に影響を与えたかを示します(英語圏での影響です)。

2016年9月23日、Googleはペンギンアップデートが通常のコアアルゴリズムに組み込まれることを発表しました。

これにより、ペンギンアップデートは定期的に行われるものではなく、常に行われるものとなりました。

これまでは、Penguin の影響を受けるサイトのリストは、定期的に同じタイミングで更新されていました。ウェブマスターがサイトを大幅に改善し、インターネット上でのプレゼンスを強化すると、Google の多くのアルゴリズムではすぐに考慮されますが、Penguin など他のシグナルでは更新作業が必要でした。今回の変更により、Penguin のデータはリアルタイムで更新されるようになります。そのため、変更内容が従来と比べてはるかに早く(通常、Google が再クロールしてページをインデックスに再登録するとすぐに)反映されます。

出典:Penguin が Google のコア アルゴリズムの一部になりました  |  Google 検索セントラル ブログ

また、この更新により、ペンギンアップデートの実施をGoogleが発表することも無くなりました。

パンダアップデートとの違い

Google検索の著名なアップデートの1つに、「パンダアップデート」があります。

ペンギンアップデートがブラックハットSEO(SEOスパム)への対策を主な目的としているのに対し、パンダアップデートはコピーコンテンツや内容が薄く情報のないサイトなど、低品質なコンテンツの評価を下げ、良質なコンテンツを高く評価するためのアップデートです。

詳細:パンダアップデートとは

参考