ドメイン「.lgbt」セクマイ関連のウェブサイトに最適

2015年に新たに登場したドメイン「.lgbt」の概要や登録料金、メリット・デメリットについて解説します。

.lgbtとは?

.lgbtは2015年2月18日午前11時より一般登録が開始された新興ドメインです。

.lgbtは2015年に新たに誕生した「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー」を表す新gTLDです。LGBTコミュニティやLGBT向けサービスのPRにおすすめのドメインです。

引用元:Gonbei Domain

.lgbtのメリット

.lgbtドメインのメリットは何と言ってもシンプルでわかりやすい点でしょう。

「LGBT」という単語は近年、様々な場面で認知されていますし、意味合いも明瞭です。

文字数が4文字と少なめなのもいいですね。

LGBTに関するウェブサイトにはこれ以上ないほどベストなドメインだと思います。

新興ドメインなので、空きも多い!

また、これは.lgbtに限らず、新興ドメイン全体に言えるメリットですが、まだできたばかりのドメインなので、.comや.netで取得できなかった文字列も取得しやすいです。

ドメイン名に空きが多いということですね。

.lgbtのデメリット

新興ドメインなので、信頼性とSEO面では多少不安が残ります。

「.lgbtなんてドメインがあるの?」と思われる可能性があります。。

もっとも、最近ではURLがわからなければアクセスできないという時代ではないので、サイトのジャンルや用途によっては、そこまで不安ではないかもしれません。

.lgbtを取得する

.lgbtドメインの取得は他のドメインと同様、原則早い者勝ちなので、気になるドメイン名や文字列がある方は使う予定がなくても早めに登録し、おさえておきましょう。

しかし、.lgbtドメインが取得できるサービスはあまり多くありません。

筆者が愛用しているXserverドメインでは取得できませんでした…

有名な所では「ゴンベエドメイン」で.lgbtドメインの取得(登録)ができます。

公式サイト:ゴンベエドメイン

.lgbtには特別な制限がないので個人でも法人でも無条件で何個でも取得可能です。

ただし、.lgbtを運営する株式会社インターリンクはプレスリリースで以下のようにコメントしています。

「.lgbt」は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャルやトランスジェンダーのコミュニティと接続するために作成された最初のインターネットアドレスであり、これらの人々とのコミットメントと団結を表現したい企業、団体、個人に最適なドメインとされています。「.lgbt」に取得条件は設けられておりませんが、コンセプトをご理解頂いた上で、取得をご検討ください。

出典:レズビアン、ゲイ、バイセクシャルやトランスジェンダーのコミュニティと繋がるために作成された新ドメイン、「.lgbt」の一般登録受付を2/18午前11時より開始|株式会社インターリンクのプレスリリース

取得、使用に制限はありませんが、ドメインのコンセプトに合わせ、LGBT関連のウェブサイトで使用するのが”マナー”ですね。

料金はドメイン取得サービスのゴンベエドメインでは以下のようになっています。

  • 登録料金:7,150円/個(税込)
  • 更新料金:7,150円/個(税込)

参考:lgbtドメイン登録 (gTLD) | Gonbei Domain(ゴンベエドメイン)

.comや.netが1,000円ほどで買えることを考えると、ちょっと高いですね。気軽には取得しづらいかも…

まとめ

.lgbtはシンプルでわかりやすい意味を持つドメインですね。

LGBT関連のウェブサイトを運営する方は取得を検討してみてはいかがでしょうか?

取得はこちら:ゴンベエドメイン